NEWS & TOPICS新着情報

和(yuica)のセラピストになるということ

2017.08.02  アロマのこと

なぜ今、日本産精油を学ぶのか?

最近では、医療現場や介護福祉分野などで特に需要が高まりつつある「和のアロマ」「日本産精油」。

高齢者の方などに馴染みのある日本の植物の香りは、日本人の本能が求める香りでもあります。

yuica_350

 

日本人には日本の森の香り

約100名の日本人を対象に行われた外国産精油と日本産精油のブラインドテスト(調査)でも日本産精油の方が評価が高かったことが分かっています。

日本の地で育ち、日本の食べ物を食べている私達日本人には、日本のアロマが受け入れやすいのです。

151113_hikaku

 

日本は世界一豊かな温帯林をもっています

日本は森林面積が国土の67%を占め、熱帯林としては世界一を誇ります。

また、亜寒帯林が主な北欧に比べ、圧倒的に生態系が豊かで、多種多様な樹木や植物から多様な精油を算出できる国なのです。

 

世界最先端の日本のアロマ研究

日本の科学者によるアロマの研究はめざましく、世界の最先端を走り始めています。

電子機器や核磁気共鳴の応用機器の発達で、問診中心の研究に加え、数値化されたエビデンスを含んだ論文が、不眠症・認知症だけでなく、スポーツアロマやアンチエイジングについても次々と発表されています。

 

精油の信頼性が強く問われています

精油の多くは海外産で、産地や精製経路が明らかでないものが多くを占めるが、yuicaは精油として不可欠な「トレーサビリティ(いつ、どこで、誰が作ったものが明らかであること)」と「成分分析」の信頼性が高い!

と評価を多くの学識者からいただき、七か所の研究機関と共同開発をしています。

 

 

日本のアロマ産業は世界一の市場

日本のアロマ産業は世界一の市場を誇ると言われ、アロマ人口群を抜いていると言われています。

実際に日本人に限らず、yuicaの評価は高く、世界屈指の「アマンリゾート」のスパでyuicaがされ、トヨタ「レクサス」とのコラボでルームスプレーを発表しています。

yuica(結馨)は「人と自然を結び、人と人を結び、人の心と身体を結ぶ」精油です。

森林管理の過程で発生する間伐材から造られるため、「日本の森」を救うアロマとして生まれました。

その恵みで私達日本人の身体と心を癒してくれるのです。

 

 

 

 

この記事を書いた人

飛鳥聖奈

飛鳥聖奈
JAA認定 アロマコーディネーター/yuica認定 日本産精油スペシャリスト/yuica認定インタープリター 資格取得講座担当/美容学校で美容師免許取得し美容師として勤務、その後エステサロンの運営に携わりながらyuica認定日本産精油スペシャリスト取得。 アロマを通じて、生徒さんの夢を叶えるお手伝いをできたらなと思っています。
関連記事