EVENT & NEWS新着情報

アロマでアレルギー性鼻炎を軽減!おすすめのアロマと使い方

2018.04.22  アロマのこと

こんにちは!イデアアロマスクールです。

花粉症に代表される、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどに悩まされるアレルギー性鼻炎。
季節性の花粉症の他に、ダニやほこりなどのハウスダストが原因の、通年性のアレルギー性鼻炎もあります。

アロマセラピーは、そんな辛いアレルギー性鼻炎の症状を軽減してくれます♪
今回は、アレルギー性鼻炎にお役立ちのおすすめアロマをご紹介します。

06dd772f3f824402c06177670a12b46f_s

アレルギー性鼻炎を軽減してくれるアロマオイルの効能とは?

アロマオイルには、抗炎症作用を持ち、鼻水や鼻づまりなどのアレルギー反応をやわらげる効果を持つものがあります。
免疫力を増強する効果を持つアロマオイルを使えば、体に元々備わっている自然治癒力が高まり、アレルギー反応がひどくなるのを抑制することが期待できます♪

くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻炎の症状には、自律神経が関わっています。
自律神経のバランスがくずれると、鼻炎の症状がひどくなることがあるのです。

アロマオイルは自律神経のバランスを整えるのが得意。
アロマセラピーによって、鼻炎の症状が緩和されたという報告もあるんですよ。

 

アレルギー性鼻炎に効くおすすめのアロマ

3296ac125bb7bc4e43ec9e6743e7b6f1_s

アレルギー性鼻炎のつらい症状に、効果的なアロマオイルをご紹介します♪

ユーカリ・ラディアタ

スッキリとした清涼感がある香り。
抗炎症作用と免疫力を高める効果を持ち、鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状をやわらげます。

ティートゥリー

スーッとしたさわやかな、薬草のような香り。
ユーカリ・ラジアタと同様、免疫増強作用を持つため、アレルギー症状を抑制する効果が期待できます。

ペパーミント

ガムや歯磨き粉などでなじみのある、シャキっとしたメントールの香りのペパーミント。
このメントールには、鼻粘膜の炎症を抑える効果があります。
リフレッシュ効果も高いので、鼻づまりや頭重感でボーっとしてしまうときの気分転換にもおすすめ。
※乳児・幼児への使用、妊娠中・授乳中の使用は避けてください。

ラベンダー

さわやかでフローラルな香りのラベンダーは、みんなに好かれる香り。
鎮静作用を持つので、過敏になっている粘膜の炎症を抑える効果が期待できます。
リラックス効果が高いことでもよく使われるアロマオイルです。

 

アレルギー性鼻炎を軽減してくれるアロマの使い方

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s

アレルギー性鼻炎の改善に効果的な、アロマオイルの使い方をご紹介します♪

マスクにたらす

マスクの外側に、アロマオイルを1滴たらします。
ティッシュやコットンにアロマオイルを1滴たらし、オイルがついていない方を肌側にしてマスクに挟むのもよいでしょう。
※アロマオイルが直接肌に触れないように注意してください。

吸入

呼吸器を通してアロマオイルを効率よく体に取り入れる方法です。
簡単な方法としてはハンカチやティッシュに精油を2〜3滴垂らして口や鼻の近くに置き、ゆっくりと呼吸してください。
外出先や、あるいは、簡単に済ませたいときなどによいでしょう。
※アロマオイルがシミになることがあるので、ハンカチを使う際は、汚れていいものを。
100%植物由来のアロマオイルを の中の明記されているものを選んでください。

蒸気吸入

40~50℃のお湯を張ったマグカップや洗面器にアロマオイルを1~3滴落とし、鼻と口から蒸気を吸い込みます。
洗面器を使用するときは、頭からバスタオルをかぶり、洗面器もすっぽりと包むように覆うとさらに効果的です。

※アロマオイルの成分が目を刺激することがあるので、必ず目を閉じて吸入しましょう。
※ぜんそくや咳がひどいときは行わないでください。
※一気に蒸気を吸い込むと、むせることがあるので、蒸気に顔を近づけすぎないようにしましょう。
※吸入時間は10分までにしましょう。

温湿布

熱めのお湯を入れた洗面器にアロマオイルを1~4滴ほど加え、タオルをひたします。
タオルをよく絞って、鼻全体を覆って温めましょう。
※やけどにはご注意ください。
※皮ふ刺激が強いアロマオイル(ペパーミントや、柑橘系のオイル)は、少量にしましょう。

 

アレルギー性鼻炎を軽減してくれるアロマの使用時の注意点

アレルギー性鼻炎を軽減するためには、以下のことに気を付けて使用しましょう。

100%植物由来のアロマオイルを

アロマセラピーで使用するアロマオイルは、天然の植物油100%のエッセンシャルオイル(精油ともいう)です。
ラベルに「エッセンシャルオイル」「ESSENTIAL OIL」「精油」など明記されているものを選ぶとよいでしょう。
可能であれば、アロマセラピーの専門店で購入すると安心ですね。

お店で香りを確認して、自分が好きな香りを選ぶことも大切です。
好きな香りを嗅ぐと、それだけで心も体もリラックスすることができるんですよ♪

アロマセラピーはセルフケアの一助として

アロマセラピー・アロマオイルは、医療・薬ではありません。
つらい症状が続く場合には、早めに医師の診断を受けてください。

 

「アロマでアレルギー性鼻炎を軽減!おすすめのアロマと使い方」のまとめ

今や日本人の4人に1人が花粉症といわれる時代。
様々な花粉によって引き起こされるため、春だけの問題ではなくなりつつあります。
ハウスダストなどが原因の、通年性のアレルギー性鼻炎も、住宅環境や生活スタイルの変化によって、年々増加傾向にあるそう。
病院に行くほどではないけど、つらい症状をセルフケアできないかなというとき、アロマオイルの香りを試してみてくださいね♪

 

アロマをもっと深く学んでみたいと思ったときに。
札幌のアロマスクールなら、イデアアロマスクールへ♪

アロマセラピーのプロフェッショナルを目指す方におすすめの講座を多数ご用意しております。

この記事を書いた人

イデアアロマスクール

イデアアロマスクール
関連記事