NEWS & TOPICS新着情報

アロマで集中力アップ!仕事に勉強にアロマのチカラを

2017.03.22  アロマのこと

syucyu

 

こんにちは!山岸です。

今回は、アロマテラピーに使われる精油の中で「集中力を高める効果」がある精油をご紹介します。

仕事をするとき、勉強をするとき、集中力を高めれたらもっと効率的にはかどりますよね!

是非、アロマの香りに集中力をサポートしてもらいましょう♪

 

ここでは、アロマ初心者さんでも使いやすい「集中力を高める効果がある精油」をご紹介します。

 

初心者さんにも使いやすい、集中力を高める精油5つ!

ペパーミント

ガムや歯磨き粉などの香りづけに使われており、なじみのある香りのペパーミント。

シャキっとしたメントールの香りによる刺激効果で、頭の中がスッキリ。

気分をリフレッシュすることができ、集中力アップの効果が期待できます。

日本アロマ環境協会によって、小学生の計算ミスとストレスを軽減したという実験結果が報告されています。

肌への刺激があるので、敏感肌の方は注意が必要です。

 

オレンジ・スィート

オレンジの皮から採れるこの精油は、フレッシュで甘酸っぱい香り。

リフレッシュやリラックス効果があるので、不安や緊張、ストレスから解放され、気分を前向きにする効果があると言われています。

ペパーミントと同様に、小学生の計算ミスとストレスを軽減したという実験結果あり。

柑橘系の精油の中には、日光に当たると塗布した部分がシミのもとになるものがあります。皮ふに塗ったあと4~5時間は直射日光を避けてください。

 

レモン

誰からも好まれる、さわやかな香りを持つレモン。

レモンの精油は、果実そのままのさわやかな香りで、頭をスッキリとリフレッシュさせる働きが。

その香りには、集中力や記憶力、理解力を高める効果が期待できます。

オレンジ・スィートと同様、皮ふに塗ったあとの4~5時間は直射日光を避けてください。

 

ローズマリー

ヨーロッパで古くから、料理に欠かせないハーブとして使われてきたローズマリー。

肉料理の臭み消しとして、現在でもイタリア料理やフランス料理によく登場するハーブですよね。

ハーブ系のスッキリとした香りが頭をクリアにしてくれ、リフレッシュ効果あり。

集中力や記憶力を高める効果もあると言われています。

高濃度での使用は肌への刺激があるので、敏感肌の方は注意が必要です。

妊娠初期の方は使用を避けてください。

 

ユーカリ

オーストラリアの先住民たちは、ユーカリを万能薬として古来より利用していたそうです。

ペパーミントよりも強くシャープで清涼感のある香りで、頭の中をクリアにし、精神を集中させたいときに効果的とされています。

肌への刺激があるので、敏感肌の方は注意が必要です。

妊娠初期の方は使用を避けてください。

 

なぜアロマが集中力を高めるの?精油が心とからだに効くしくみ

aroma

 

アロマがどうして人の集中力を高めるのでしょうか。

それは、アロマの香り成分には人の自律神経(交感神経と副交感神経)を抑制または活性化させる働きがあるためです。

 

人の脳は以下の働きがあります。

・交感神経が活性化=働くと元気ややる気がアップ

・副交感神経が活性化=気持ちが落ち着きリラックス

 

アロマの香り成分は、自律神経の働きを刺激します。

 

つまり、仕事や勉強等のやる気・集中力を高めたい時には、交感神経を活性化する精油を、逆に寝る前のリラックスしたいときには、副交感神経が活性化する精油を使用するなど、精油の特徴を知っておくことで、様々な場面で使い分けることができるんです♪

 

 

アロマテラピーで使われる精油の香りの成分は揮発しやすい特徴があり、鼻の奥にある嗅覚細胞を刺激します。

この香りの刺激が、感情や本能をつかさどる「大脳辺縁系」、自律神経系をつかさどる「視床下部」の働きを調節し、集中力を高めたりリラックスさせたりという効果をもたらすのです。

 

勉強するときにも!アロマのチカラで集中力UP!

交感神経を刺激してくれる精油は、やる気の「スイッチ」として使うこともできます。

勉強や仕事に取りかかるときに、自分の好きな精油を1つ決めて毎回使います。

すると「好きな精油の香り=勉強する」というふうに、香りが「スイッチ」として働き、気持ちをすばやく切り替えて、勉強に集中することができるというわけです。

 

日本アロマ環境協会は、ペパーミントとオレンジ・スィート精油の香りが、小学生の計算ミスとストレス軽減に役立ったという実験結果を報告しています。

精製水を嗅いだときと比べて、精油を嗅いで計算を行ったほうが、計算ミスが少なくなる傾向がありました。

また、精製水を嗅いだときと比べて精油を嗅いだときのほうが、計算に取り組んでいる間「集中している」「頭がスッキリ」などの気分への好影響が見られたそうです。

※長期で使用する場合は、1カ月ほどで精油の種類を変えるほうがより安全と言われています。

 

いろいろな香りがあって迷ってしまったときは、自分が好きな香り、心地よいと感じる香りを選んでみてください♪

 

アロマで集中力アップ!のまとめ

アロマテラピーは近年研究が進み、単に香りによってリラックスするだけのものではなく、科学的にその効果が認められてきました。

家庭でのセルフケアとして取り入れやすいのも、アロマテラピーの魅力の一つ。

仕事や勉強など、やる気を高めたいとき、集中力を高めたいときに、ぜひ使ってみてくださいね。

 

この記事を書いた人

山岸久美

山岸久美
yuica認定 日本産精油インタープリター/アロマトリートメント講座担当/ リラクゼーションサロンでセラピストとして責任者をし、その後エステセラピストとスタッフ育成など15年。 アロマトリートメントでは、植物の香りと人の手の力で心も身体も元気になれることをみなさんにお伝えし、みなさんが多くの方を癒やすセラピストになっていただけるようお手伝いできたらと思っております。
関連記事