EVENT & NEWS新着情報

アロマでイライラな気持ちを解消!効果的な香りは?

2017.12.13  アロマのこと

こんにちは!イデアアロマスクールの山岸です。

仕事や子育てが思うようにいかないとき。
毎日やることに追われ、心身ともに疲れがたまっているとき。

些細なことでカッとなったり、常にイライラしていたり、心が負のエネルギーでいっぱいになってしまっているなぁ……と感じることはありませんか?

そんなときには、アロマの出番。
今回は、イライラする気持ちをやわらげて、心をリラックスさせてくれるアロマをご紹介します。

a459da14e1915382f522facb00860992_s

 

アロマのリラックス効果

好きな香りや良い香りをかいだとき、心地よく感じたことや、気持ちが落ち着いたことはありませんか?
アロマオイルも同じように心を落ち着かせてリラックスさせる、鎮静効果を持つものがあります。

では、アロマオイルの香りはどのように私たちの心と体に働きかけるのでしょうか?

 

イライラを抑えてリラックス効果を与えるアロマ

私たちの体は、自律神経系と呼ばれる交感神経と副交感神経が、バランスよく交互に働くことによって維持されています。
それぞれの働きから、交感神経は「活動する神経」、副交感神経は「休む神経」と表現されることがあります。

些細なことでカッとなってしまう。
イライラが続く。
こんなときは、「活動する神経」である、交感神経が活性化している状態。
身も心も「戦闘モード」に入っているのですね。

呼吸によって体内に取り込まれたアロマオイルの有効成分は、活性化した交感神経を鎮めて、副交感神経を活性化させます。
副交感神経が活性化することにより、体が「休むモード」に切り替わり、心も体もリラックスしていくのです。

 

 

初心者の方も使いやすい、おすすめの精油5つ

a1b2461c6c7cca87182baf08fdf02ac8_s

イライラする気持ちをやわらげる、鎮静効果を持つアロマオイルのうち、初心者の方にも使いやすいものを5つご紹介します。

ラベンダー

さわやかなフローラル系の香りは、イライラを鎮めて心をリラックスさせてくれます。
応用範囲の広いオイルですので、最初の1本としておすすめです。

ゼラニウム

バラに似た甘い香りで、心を落ち着ける効果があります。
ホルモンバランスを整える効能があり、月経前症候群や更年期障害など、女性のトラブルにも効果が期待できます。
※妊娠初期~中期の方は使用を避けてください。

マジョラム

温かみのあるスパイシーな香りは、自律神経のバランスを整えて、ストレスや不安をやわらげる働きがあります。
※妊娠初期の方は使用を避けてください。

オレンジスイート

誰もが親しみのある、甘くてさわやかなオレンジの香りは、明るく前向きな気持ちをもたらしてくれます。
※日光に当たると塗布した部分がシミのもとになることがあります。皮ふに塗ったあと4~5時間は直射日光を避けてください。

ベルガモット

甘さ控えめのさわやかな柑橘の香りは、イライラを鎮め、明るくおだやかな気分に変えてくれます。
※オレンジスイートと同様、皮ふに塗ったあと4~5時間は直射日光を避けてください。

 

リラックスするのに一番大切なことは、自分が好きな香りを選ぶこと。
苦手な香りをかぐことは、それだけでストレスになってしまいます。
鎮静効果を持つアロマオイルは、ご紹介した5つの他にもたくさんあります。
お店のテスターでいくつか香りを試してみたりして、自分が心地よいと感じる、お気に入りの香りを見つけてくださいね♪

 

 

おすすめのアロマの使い方

da984e0905903abc1c57845b04aee468_s

イライラを解消するアロマのオススメの使い方をご紹介します。

・ティッシュやコットン、ハンカチに1滴たらして

外出先やオフィスなどに、好みの香りを持ち歩くことができます。
色がつくアロマオイルもありますので、ハンカチはアロマ用のものを用意しておくと良いですね♪

怒りのピークは、長くて6秒程度と言われています。
カッときた瞬間に、ハンカチを取り出してお気に入りの香りをかぐことができれば、怒りのピークをうまくやり過ごせるかもしれませんね。

 

・芳香浴

アロマディフューザーを使えば、広いお部屋でも香りと有効成分を拡散させることができます。

ディフューザーがなくても、マグカップに40~50℃くらいのお湯を注ぎ、そこにアロマオイルを5滴ほどたらせば、お手軽に芳香浴が楽しめます。
熱湯は、やけどの危険もありますし、アロマオイルの成分が高熱で変質する可能性があるので、使わないようにしましょう。

香る範囲は狭いですが、アロマストーンに数滴アロマオイルをたらすと、気軽に香りを楽しむことができます。

イライラしているなと感じたとき、このままでは相手に感情をぶつけてしまうかも、というとき、「アロマオイルを香らせる」という行動を起こせば、先ほど述べた「怒りのピーク」をやり過ごせますね。
行動を起こすことで、怒りの感情から気持ちを切り替えることもできるでしょう。

 

・アロマバス

天然塩大さじ2杯に、アロマオイルを3~5滴加えて混ぜ、浴槽のお湯に入れて良く溶かしてください。
少しぬるめのお湯(38~40℃)にゆったりつかると、副交感神経の働きが高まり、心もリラックスしていきますよ。

※アロマオイルの量はお風呂に5滴までにしましょう。
※お肌の弱い方は、天然塩ではなくキャリアオイル小さじ1杯(約5mL)にアロマオイルを混ぜて使ってください。

 

「アロマでイライラな気持ちを解消!効果的な香りは?」のまとめ

イライラや怒りは、人間の持つ当たり前の感情ですが、周りの人にぶつける前に自分の力でなんとか落ち着かせたいもの。
しかしながら、心の中に沸き起こった感情をすぐに鎮めることは、なかなか難しいことでもありますね。
そんなときは、アロマの力を借りてみましょう。
お気に入りの心地よい香りで、イライラする気持ちを鎮めて、身も心もリラックスしてくださいね♪

 

 

この記事を書いた人

イデアアロマスクール

イデアアロマスクール
関連記事