EVENT & NEWS新着情報

アロマでばっちり湿気対策!効果的な使い方とは?

2018.05.21  アロマのこと

こんにちは!イデアアロマスクールです。

梅雨の時期になるとお部屋はジメジメ、湿気の匂いや虫なども出て、いや~な気分になっちゃいますよね。

そんな梅雨時期の湿気をアロマで撃退!
今回はアロマを使った湿気対策についてご紹介します。

湿気対策に効果のあるアロマの種類やその効果、おすすめの使い方をお教えします!

84d7ac39146b19675845c06ffbd8f9e6_s

 

湿気対策にはアロマがおすすめ!

素敵な香りで癒しやリフレッシュを与えてくれるアロマですが、アロマオイルの中には殺菌作用やカビ・虫対策に効果があるものもあるんです。

アロマオイル(精油)は自然由来のアイテムなので赤ちゃんがいる家庭でも安心ですね。
湿気が気になる季節にぜひ使いたいアロマの種類とその効果をご紹介します。

 

■ペパーミント

消毒、殺菌効果の高いペパーミントは布巾に含ませて食卓やリビングの拭き掃除に使うのがおすすめです。
気持ちの良い爽やかな香りでリフレッシュ効果も。

 

■ユーカリ

ペパーミントよりもさらに高い殺菌効果を持っています。
高い殺菌、除菌、消臭、防カビ効果があり、部屋の空気を浄化してくれます。

 

■ラベンダー

殺菌、抗菌、防カビ、防虫効果があります。
中世のローマではラベンダーの花を虫よけに使っていたほどです。
リラックス効果があり、刺激もあまり強くないので敏感肌でも使いやすく人気のアロマです。

 

■レモン

柑橘系の香りが爽やかなレモンアロマは殺菌作用が高いです。
抗菌、防カビ効果もあり、使いやすいアロマの一つです。

 

■レモンバーム

レモンに似たハーブ系の香りがするレモンバームは防虫効果が高いアロマです。
布巾に含ませて拭き掃除に使うことでお部屋の虫除けができます。
空気の殺菌、清浄作用もあります。

 

■ティーツリー

殺菌と防カビに強い威力を発揮するティーツリーは、原産国オーストラリアの先住民族の間ではケガの治療薬としても使われていました。
除菌や消臭作用もあり、清涼感のある香りでリフレッシュ効果も高いです。
香りは少し独特のため、苦手な方は柑橘系のアロマとブレンドして使うのがおすすめです。

梅雨時期の湿気のジメジメを放っておくと、家の中がカビや虫の温床に!
自然由来の安心安全なアロマで、いい香りに包まれながら湿気対策をしましょう。

 

重曹を使ったアロマサシェで湿気対策!

 

87615083045ccb7be2db844277fcf364_s
重曹は、料理やお掃除など家事の色々な場面で活躍しますが、それだけではありません。
湿気を吸い取る効果があるので、除湿剤としても活用できるんです。
重曹と防虫や消臭効果のあるアロマ組み合わせれば、除湿・防虫・消臭の3つの効果のあるアイテムに!

重曹とアロマオイルを使ったサシェ(匂い袋)の作り方をご紹介します。

【材料】
・重曹 60g
・好みのアロマオイル(精油) 10~30滴(量は好みに合わせて適量を)
・お好きな布とリボン
・ビニール袋

【作り方】
1)ビニール袋に重曹を入れてアロマオイルを垂らし、シャカシャカと振って馴染ませます。
2)お好きな布で重曹を包みます。市販のティーパックやだしパックなどに重曹を入れてから包むと簡単でこぼれません。
3)リボンでかわいくアレンジしてできあがり!

お部屋やトイレに置くのはもちろん、押し入れやタンス、シューズボックスの中に置いて湿気取りや消臭、防虫に!
アロマのいい香りがほんのり漂いますよ。

重曹は湿気を吸い取ると固まるのが特徴。
サシェの中に塊ができてきたら交換の目安です。

取り替えた重曹はパックに入れたままお風呂に入れて入浴剤にしたり、キッチンの生ごみ消臭剤にも使えます。

 

体調を崩しやすい高湿気時期に。体のケアにもアロマがおすすめ。

湿気が多い梅雨時期などは季節の変わり目で気温もコロコロ変わり、体調を崩してしまいがち。
湿度が高いと汗をかきにくいので体の循環が悪くなりで血行不良から冷えやむくみが出たり、老廃物が体内に溜まってしまったりします。

湿気時期の体のケアにはアロマトリートメントがおすすめ。
オイルにアロマを数滴垂らしてボディマッサージをしたり、お風呂に垂らしてアロマバスにするのもリラックスできます。

 

■体を温めるアロマ

ブラックペッパー、マジョラム、カルダモン、ジンジャー、ローズマリーなど

 

■デトックスに効果があるアロマ

グレープフルーツ、ゼラニウム、サイプレス、ジュニバーなど

 

※肌を刺激する場合があるので敏感肌やアレルギー体質の方はご注意ください。
※ローズマリーは妊娠中の方の使用はお控えください。
※柑橘系のアロマは肌に付いた状態で紫外線に当たるとシミの原因となりますのでご注意ください。

 

 

まとめ

ジメジメする嫌~な季節、湿気対策にぜひアロマを取り入れてみてはいかがでしょうか?

アロマは良い香りでのリラックス効果だけではなく、殺菌、防カビ、防虫効果あるんです。
デフューザーでお部屋に香ったり、布巾に含ませて拭き掃除に使ったりすることで簡単にアロマでお部屋の湿気対策ができます。

除湿効果の高い重曹と組み合わせてアロマサシェを作ったり、マッサージオイルやお風呂に数滴混ぜて体のケアにも使えたりと、その使い方はたくさんあります。

毎日の生活にお気に入りのアロマをぜひ取り入れてみてください。
札幌のアロマスクール「イデアアロマスクール」では、本格的なアロマテラピーの知識や毎日の生活の中でアロマを楽しむ方法などをお教えしています。

 

この記事を書いた人

西村好美

西村好美
MAA認定 メディカルアロマ プラクティショナートレーナー/MAA認定 メディカルアロマプラクティショナー 資格取得講座担当/ 健康、美容、いやしの業界で19年、ボディやフェイシャル、理論、マナーなど幅広い知識や技術を持つ。 様々な身体の不調に対応したケアごとのクラフト作りを交えながら、楽しく学んでいける講座にしていきたいと思います。アロマテラピーの魅力を皆様に伝えていきたいです。
関連記事