EVENT & NEWS新着情報

ストレスにいい精油

2022.04.13  アロマのこと

こんにちは

フェリーチェ+の山田です。

4月は新しい生活のスタートや新たな人間関係が加わるなど、これまでの生活に何らかの変化があった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

変化は良くも悪くも刺激がありますね。

 

ストレスの種類

ストレスというのは、「刺激を与える」という意味なので、良いストレス、悪いストレスがあります。

良いストレス

夢や目標、やりがいを感じる仕事など、自分を奮い立たせたり、やる気が出る刺激をもたらすものです。

悪いストレス

疲労や不安、人間関係の軋轢などイライラや怒りなどの気持ちで不安定になったり、身体が苦しくなったり、無気力になる、といった症状がでるものです。

このイラストはイタリアのミラノ・ビコッカ大学で認知神経科学教授を務めるアリスさんがTwitterで共有したものですが、どのように見えますか?

 

この絵がどう見えるかであなた自身の精神状態がわかるそうです。

「全く動かなかった」→ストレスを抱えていない人

「ゆっくり回転した」→睡眠不足など疲れ気味の人

「グルグル回転した」→強いストレスを感じている人

 

私は、メリーゴーランドのようにゆっくり回って見えています。何かストレスがあるのでしょうか?

 

 

 

一般的に、好きな香りを嗅ぐだけで心地よいと感じてリラックスしますが、どんな香りが好きなのかわからないという方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、ストレスを感じた時にオススメの精油をご紹介します。

 

一時的な疲労、負荷、ちょっとイラッとした時

リナロールという成分を含むリラックス系で、昂った神経を鎮めて不安を和らげ、リラックス状態に。

ベルガモット

ネロリ

ローズオットー

ラベンダー

クロモジ

過度の疲労や負荷が蓄積、意欲が減退

刺激活性させるリフレッシュ系をこれから活動し始める時に使用するのがオススメです。

ペパーミント

ローズマリー

レモン

グレープフルーツ

やらなければならないことが盛り沢山なのに身体が動かない…。

そんな時の私のお気に入りは、ローズマリーとペパーミントです。ホホバオイルと混ぜて身体に塗ります。皮膚から精油成分が吸収されるまでの時間はかかりますが、活動的になれます(あくまでも個人の感想で効果を保証するものではありません)。

 

強いストレスを受けて機能が低下すると、心や身体に不調が現れてしまいます。

ストレスを緩和させることは大切です。

是非、精油の香りで脳をリラックスorリフレッシュさせて、ストレスを緩和させてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

イデアアロマスクール

イデアアロマスクール
関連記事