EVENT & NEWS新着情報

植物療法

2022.03.16  アロマのこと

こんにちは。フェリーチェプラス及川hakoです(^^♪

気温はまだまだ低い日が続いていますが、長かった冬は終り

日差しが和らいでくる日が多くなりましたね。

 

暖かくなる事を心待ちにしていました!という道産子さん

今や国民病、ムズムズ💦と悩ましい季節が今年も近づいて来る!と思っている方へ

 

今から始められる花粉症を軽くしたい植物療法 ハーブ

 

 

ハーブは私たちの身体、特定の部位や不調を感じた時に優しく働きかけ

ストレスや不調の根底にある問題を和らげたい時に取り入れやすいレメディです。

一方、エッセンシャルオイルは有機化学成分がギュッと詰まっている分

いくつか取り扱いに注意しなくてはいけないルールが有るのですが

ハーブにも同じく、その元となる薬効の成分が含まれています。

 

エッセンシャルオイルとハーブのお大きな違い

エッセンシャルオイルは飲めませんが、ハーブはハーブティとして飲むことができます。

 

例えば

胃腸の消化力が弱まったときにカモミール

血液循環を促したいときにローズマリー

昔から家庭で民間療法として行われてきたドクダミやヨモギ等を飲む習慣

それが同じように西洋でも行われていました。

 

注意する点は

アレルギー体質の方は、取り入れたいハーブが何科の植物かを確認する必要があります。

妊婦さんやお薬をのまれている方、お子様は制限がある、という点です。

 

春先の花粉…少しでも軽くしたいという方向けのハーブティ

 

【一杯分】

ネトル…2g

ペパーミント…1g

200mlの熱湯で3分抽出 ※1日3杯を目安にして下さい。

 

ネトルは鉄とVCが含まれている為、鉄分吸収がされやすいので貧血気味の方へも。

若干の癖は、ペパーミントの清涼感をブレンドすることで相性がより良くなります。

 

花粉が飛び始める2ヶ月くらい前から飲んでみると、春先の不快憾が和らいでくれるかもしれません。

 

かつて私も、アロマ基礎レッスン中にハーブティとの出会いが有ったお陰で

今では、好みのハーブティでホッと安らぎを感じることを楽しんでいます。

自然の恩恵を日々取り入れる事で、心も安定して過ごせたら良いですね。

 

及川hako🌿

 

この記事を書いた人

イデアアロマスクール

イデアアロマスクール
関連記事